会社案内社長挨拶

代表取締役社長稲田義行

新たな分野への挑戦を続けます。

私たちは、昭和31年に北の大地で創業して以来、プレストレストコンクリート(PC)技術の発展とともに成長し、「誠意と信頼、創造と調和」を基本テーマとし、確かな品質と高い技術力で皆様の期待にお応えしながら、社会資本整備に取り組んでまいりました。

近年国内では、高度成長期に整備された社会インフラが、経年劣化や交通需要の多様化により補修補強や更新の必要性に迫られるとともに長寿命化が求められ、さらには東日本大震災の発生により、大規模自然災害に対して強くてしなやかな国を作るため、国土強靱化、防災・減災の取組みが国家レベルで進められています。それと同時に、安全・安心で環境にやさしい社会資本整備が求められています。

私たちは、これらの課題を解決するため、スピード感を持って新たな分野への挑戦を開始しています。新形式の複合橋梁や独自の補修補強工法の開発、コンクリート補修材料の研究およびエネルギー関連施設に付随したコンクリート構造物の研究開発などを行っています。PC技術を基本として、従来培った技術の有効活用と多様化するニーズに応えるため、新たな着眼点と想像力を発揮して、日々技術の革新を進めながら更なる新分野へ挑戦していきます。

「和衷協同 熟慮断行」を社是とし、社員一同信頼と実績を積み重ね、企業改革を進めて成長を遂げ、しなやかで健全な継続企業として国内外を問わず社会の発展に貢献し続けていきます。